妊娠中に便秘になりやすい理由と解消法

妊娠を機に体調が変化することは珍しくありません。
気分にムラが出てしまったり、倦怠感や疲労感が現れたりと人それぞれですが、便秘になる方が多いと言われています。
今までお通じに不満がなかった方でも、妊娠すると便秘になることがあるのです。
しかし、何故便秘が増えてしまうのでしょうか。

 

まず挙げられる原因は食事の変化です。
妊娠する前と比べ、食べ物の好みが変わることがありますが、それに伴って栄養バランスも変わってしまいます。
結果的に食物繊維が不足するなど、お通じに必要な栄養が足りなくなってしまうため、腸の働きも弱まり、便秘がちになるのです。
今まで気にされていなかった方でも、妊娠がきっかけで食事が変化、そして便秘になることがあります。

 

また、運動不足も一つの原因と考えられます。
妊娠すると体が疲れやすくなり、あまり運動をしたくなくなるのです。
日常生活の動作だけでも疲れを感じることもあり、運動量が減って便秘が慢性化します。
妊娠中であっても、適度な運動は必要と言えるでしょう。

 

精神的な要因で便秘が進行する場合もあります。
例えば、妊娠中は気分にムラができやすく、不安やイライラを感じる機会も多くなり、ストレスが溜まります。
ストレスは精神的に影響を与えるだけでなく、自律神経を乱れさせ、腸の動きを阻害すると言われています。
何らかの方法でストレス解消が必要になります。

 

妊娠すると便秘になりやすい原因は、主に上記の3つと考えられます。
ただし、便秘が病気を引き起こすこともありますので、妊娠中でも便秘解消は必須となります。
便秘解消の基本は食事改善と栄養バランスの見直し、そして適度な運動です。

 

食事は好みが変わってしまう方も少なくありませんが、野菜や果物を積極的に食べましょう。
特に食物繊維の摂取が必要ですが、偏る場合も多く、栄養バランスが悪くなるおそれもあります。
そのため、サプリメントでの補給も検討すると良いでしょう。

 

美的ヌーボのように、葉酸や様々な栄養を含んだサプリメントがおすすめです。
葉酸サプリでもある美的ヌーボは、特に妊活中の方にぴったりではないでしょうか。
27種類の栄養を含むため、偏りがちなバランス改善に役立つと思います。

 

運動も様子を見て週に2~3回行いましょう。
ただ、積極的に動かすと体に負担が掛かりますので、散歩やウォーキングで軽く汗を流す程度が良いとされています。
負担を感じない程度に体を動かし、腸の働きを活発にしましょう。