冷え性は流産の原因になるの?

冷え性で悩んでいる方も多いかと思います。
女性に多い悩みの一つですが、年代を問わず、体が冷えてしまって暖まらない、手足の先が冷たいなどの症状が現れます。
しかし、ごく一般的な悩みとなっているため、あまり重大に感じている方は少ないかと思います。

 

実は冷え性が流産の危険を高めると言われています。
聞いたことがある方もいるかと思います。
でも冷え性が流産のリスクを高めるのは本当なのでしょうか?
噂話や一種の都市伝説のように感じている方もいると思いますが、実は本当なのです。
妊活中の方、そして妊娠中の方は、体調管理はもちろんのこと、冷え性にも十分注意する必要があります。

 

冷え性は体の臓器などの機能低下を招きます。
元々は機能低下が冷え性を招くとも言われており、深い関係にあるのです。
特に女性が注意しておきたいのは、冷え性による子宮内膜機能不全ではないでしょうか。

 

子宮内膜機能不全とは、分泌される黄体ホルモンの反応低下を招く症状です。
黄体ホルモンは胎盤を形成する役割を持っており、赤ちゃんを作るための重要なホルモンの一つとなります。
健康な方であれば黄体ホルモンが子宮内へ分泌され、しっかりとした胎盤を作り出します。

 

しかし、子宮内膜機能不全になると、黄体ホルモンに子宮内膜が反応しなくなります。
これによって胎盤が作られず、赤ちゃんも育ちにくくなるのです。
赤ちゃんが育たなくなると、先天性異常のリスクを高めるだけでなく、最悪流産の可能性が高まります。

 

以上から、冷え性が引き起こす子宮内膜不全により、流産のリスクが発生するとされています。
普段から冷え性で悩んでいる方は、まず解消に努める必要があります。

 

冷え性の原因は様々ありますが、体の機能低下が引き金とされているため、栄養不足になっていることも考えられます。
しっかり栄養補給し、赤ちゃんが出来やすい体づくりをすることが重要です。
妊活中の方はもちろん、妊娠中の方も、栄養補給とともに冷え性を解消しましょう。

 

例えば美的ヌーボで冷え性対策・妊活や妊娠に備える方法もあります。
美的ヌーボは27種類の栄養を含み、妊娠12週目までの方に大切な葉酸も配合しています。
栄養補給によって体の機能低下を防ぎ、結果的に冷え性対策となりますので、美的ヌーボを始めてみるのも良いでしょう。

 

一見すると当たり前の症状の冷え性ですが、実際は流産という恐ろしいリスクを招きます。
元気な赤ちゃんを授かるためにも、冷え性は解消しなくてはいけない症状と言えます。