妊娠中毒症でもサプリメントは飲める?

妊娠すると、体の免疫力が低下して病気に掛かりやすくなると言われています。
そのため、通常よりも更に体調管理が求められますが、皆さんは妊娠中毒症という病気をご存じでしょうか?
妊娠高血圧症候群とも呼ばれています。

 

妊娠中毒症とは、妊娠中~出産後に見られる症状で、リスクの高い病気の一つです。
妊娠より20週前後を境にして、急激に血圧が上昇し、出産した数週間~3ヶ月後に正常な血圧に戻るという特徴があります。
体のむくみなど、様々な症状が現れますが、発症する方は10人に1人とも、20人に1人とも言われています。

 

単なるむくみ程度であれば問題ないものの、高血圧になることから、自分だけでなく赤ちゃんにも影響を与えるおそれがあるのです。
妊娠中の方に見られる症状は、進行するとけいれんや臓器の機能低下、最悪のケースでは脳からの出血に至ることがあります。

 

赤ちゃんへの影響も重大で、発育の遅れや胎内で亡くなってしまうなど、取り返しのつかないリスクが潜んでいるのです。
出産時には帝王切開が必要になる場合もあり、妊娠中毒症は避けるべき病気の一つと言えます。

 

妊娠中毒症はストレスや肥満、高血圧の方が発症しやすいとされています。
特に妊娠前からの体調管理が重要で、リスクを抑えることが必要になるのです。
むくみの症状が現れたら、早めに医師へ相談するのが良いでしょう。

 

妊娠中毒症のリスクを抑えるには、栄養バランスを見直して血圧をコントロールすることが大切です。
一般的にはサプリメントを飲んでも大丈夫とされていますので、葉酸や栄養補給のできるサプリメントを摂取するのも良いでしょう。
特に妊娠前からの摂取が推奨される葉酸は、美的ヌーボを取り入れる方法もあります。

 

美的ヌーボは各種ビタミンやミネラルを多数含んでおり、添加物をいっさい使用していないため、安心して飲めるサプリメントです。
妊娠中毒症に効くわけではありませんが、バランス良く栄養を取ることで、血圧のコントロールなど、健康管理に役立ちます。
食べ過ぎや偏食などで高血圧になることは珍しくありませんので、美的ヌーボで栄養バランスを見直してみてはどうでしょうか。

 

妊娠中毒症は母子ともに大きなリスクを与える病気です。
発症する割合も意外と多いため、妊娠中はもちろん、妊娠前から気をつけておきましょう。
日々の健康管理が必要になりますが、ストレスや偏食、スイーツの食べ過ぎなど、血圧を高める要因は避けることが重要です。