赤ちゃんの神経管閉鎖障害を防ぐために

お腹の中にいる赤ちゃんの健康管理は母親にかかっています。
自分だけでは当然栄養管理は出来ません。
人間の栄養摂取の方法は食事ですが、お腹の中にいる赤ちゃんは自分の意思で食事をしていません。

 

赤ちゃんのためを思い、栄養バランスの良い食事を心掛けた妊婦と栄養バランスなどほとんど考えないで生活していた妊婦とでは、赤ちゃんの体調は大きく異なります。
その際、鍵を握るのが葉酸です。
赤ちゃんに求められる栄養は、大人の求める栄養とは微妙に異なります。

 

葉酸は厚生労働省も妊婦の摂取を推奨しているほど大切な栄養成分ですが、葉酸が不足していると神経性閉鎖障害を患うリスクがあります。
先天性疾患の一つで、神経管の細胞の一部が塞がるため、脳やせき髄が正しく成長出来なくなる症状です。

 

どの部分が塞がるのかはそれぞれ異なるのですが、国内発症率は10,000人に対しておよそ5人と推測されています。
神経管閉鎖障害は二分脊椎症や無脳症を招くのですが、予防は難しくはありません。

 

葉酸を妊娠前1か月から妊娠12週まで、妊婦がしっかりと摂取していれば防げるものです。
大変な症状ではありますが、常日頃から葉酸を摂取していれば防げます。
葉酸に関しても、サプリメント等が登場していますので頼ると良いでしょう。

 

美的ヌーボのようにシリーズ累計で1000万包装を突破した人気商品もあります。
葉酸が含まれているだけではなく、100%天然無添加サプリになりますので、妊婦に負担を与えないでしょう。

 

妊婦が気を付けなければならない事は、神経管閉鎖障害だけではありません。
いくら葉酸をたっぷり摂取して神経管閉鎖障害を防げても、他の症状に苦しまされては意味がありません。
美的ヌーボであれば、葉酸はもちろん、体に負担を与えるものを体内にいれません。

 

27種類のビタミンやミネラルが含まれていますので、十分期待することができるでしょう。
リピート率90%、実感率97%という数字からも分かるように、美的ヌーボへの満足感はとても高いです。
注文日次第では当日配送も可能ですので、自分自身の意識を高めるだけではなく、赤ちゃんを守る事にもなりますので、美的ヌーボなど、摂取する物にも心がけると良いでしょう。

 

神経管閉鎖障害を防ぐためにも、お母さんは妊娠する1か月前から妊娠12週までは美的ヌーボをしっかりと摂取したいところです。
元気で健康な赤ちゃんを産むためには、サプリメントも是非とも飲むべきです。